コピー機・複合機専門店 富士ゼロックス・シャープ・東芝 正規代理店・一次販売店


DocuCentre-V C2263 CPFS-4T 基本仕様

カラー:20枚/分    モノクロ:20枚/分

本体サイズ:幅616×奥行659×高さ1119(mm)

DocuCentreとApeosPortの違い

メーカー標準価格:¥1,450,000(税別)

リース月額も特価でご回答致します。


Point1:サイズはコンパクト、可能性はワイド

上位機種にも負けない高機能を備えたDocuCentre-V C2263。
コンパクト設計だから置き場所を選ばず、ビジネスのさまざまなシーンで活躍します。

画質の向上に加え、誰もが使いやすい操作性・視認性を実現。
集中を邪魔しない高い静音性や省エネ、CO2削減に貢献する環境性能を備えています。

小さなボディに大きな可能性を秘めた頼れるパートナーが、あなたのオフィスをもっと自由にします。

※画像は1トレイです。

Point2:多彩なオプション、多彩な組み合わせ。様々な設置スペースに柔軟に応えます。

Point3:LEDプリントヘッド搭載で高解像度

小さな文字や細線も1200×2400 dpiの高画質で出力が可能になりました。オフィスのカラー原稿をより美しく再現します。

きれいなプリント

高画質と省エネを実現するLEDプリントヘッドを採用し、出力解像度1200×2400 dpi。上位機種に搭載された富士ゼロックスの画像処理カラーレジストレーション補正技術「IReCT」により、色ズレの少ない超高精度なプリント画像を提供することができます。

Point4:使用する部分だけ通電し静かに節電

スマート節電

複合機を「原稿読み取り装置」「操作パネル」「出力装置」「コントローラー」の4パートに分け、使う機能に応じて使う部分だけに通電することで消費電力やCO2 排出量を低減します。原稿送り装置や出力装置を使わないジョブは初期化時の音もせず、近くのユーザーに迷惑をかけません。

操作パネルが約3秒で操作可能

・操作パネルの高速復帰
従来、スリープモードからの復帰には、出力装置の初期化を待って操作パネルを表示していました。このスリープ復帰をスマート節電が高速化、節電ボタンを押してから約3秒で操作可能としました。






Copyright(c) DENKOSHA CORPORATION All Rights Reserved.