コピー機・複合機専門店 富士ゼロックス・シャープ・東芝 正規代理店・一次販売店


Versant™ 80 Press 基本仕様

カラー:80枚/分    モノクロ:80枚/分

本体サイズ:幅1163×奥行831×高さ1391(mm)

DocuCentreとApeosPortの違い

メーカー標準価格:¥8,200,000(税別)

リース月額も特価でご回答致します。


Point1:省スペースで実現する、ワイドな対応力

ポスターやカタログ、チラシなどの販売促進用ツールから提案書までをこれ一台で。プロフェッショナルの多様なニーズに、高い品質と生産性で応えます。

ポスターから封筒まで幅広い出力物に対応
フィニッシャーを組み替えることで、多様な出力に対応。プリントビジネスの可能性を広げます。

さまざまな用紙をスピーディーに出力
トップスピード80ページ/分注1 の生産性と52 g/m2の薄紙から350 g/m2の厚紙まで、柔軟に対応します。

高速処理を支えるプリントサーバー
オプション注2を追加すれば1200 dpi / 10 bitの高精細な画像を提供します。

注1:A4 220 g/m2まで。350 g/m2走行時は60ページ/分。

注2:オプションのRIPアクセラレーターボードと増設メモリーが必要です。

Point2:柔軟な対応力で多様な成果物に対応

封筒から大判ポスターまで幅広いサイズに対応
郵便はがきよりさらに小さい洋形3号封筒(98 × 148 mm)から330 × 488 mmの用紙まで、幅広いサイズをサポート。手差しトレイからは、660 mmの長尺用紙へのプリントも可能です。制作できる出力物の幅が広がります。

高い用紙汎用性
プリント・オンデマンドの多品種のニーズに対応できるよう、用紙坪量は52~350 g/m²まで。オフィス内のドキュメントはもちろん、挨拶用の名刺やカード、カタログやチラシ、フォトブックなどの商用ドキュメントまで幅広いアプリケーションに対応可能です。

ユニークなデザインも高品質&短納期で
折り加工やとじ加工など、さまざまな自動処理を実現するフィニッシャーオプションを用意。短納期で高品質の出力物が作成可能です。また、オフセットキャッチトレイや大容量スタッカーは、お客様が所有するオフラインの後処理機と組み合わせて活用する際に便利です。

訴求力の高い"バリアブルプリント"が可能
バリアブルプリント言語の業界標準、PPML注1 をサポート。RIP処理方式の最適化によりジョブ投入からプリントまでの業務をストレスなくこなせます。また、当社独自のVIPP注2 もサポートしているので、幅広いバリアブルプリントシステムの構築が可能です。

注1:Personalized Print Markup Language

注2:Variable Information Production Printware(別売りソフトウェアFreeFlow® VI Composeと組み合わせて利用。)

Point3:実績ある技術を組み合わせ、プロが求める高画質を実現

2400 × 2400 dpiの出力解像度を実現するVCSEL注1 、省エネ性能に優れたEA-Ecoトナー注2 といった実績ある技術を継承。さらにEA-Ecoトナーの色域を拡大し、コート/非コート紙に合わせたトナー量制御などとの相乗効果によって、オフセット印刷に迫る高画質を実現します。

注1:Vertical Cavity Surface Emitting Laser

注2:Emulsion Aggregation-Ecoトナー

Point4:高い生産性を省スペースで実現する先進のテクノロジー

カラー、モノクロ80ページ/分注1の高性能
厚紙定着に優れた小型ベルトロール定着器と、転写効率が高く低温での定着が可能なEA-Ecoトナーとの相乗効果により、コート/非コート紙ともに220 g/m2まで、80ページ/分という高生産性を実現します。

標準給紙容量 1960枚、最大排紙容量 9000枚
3段トレイと手差しトレイをあわせ、標準で1960枚を給紙。また、オプションの大容量給紙トレイC3-DSを接続すれば給紙容量6160枚注2を実現。オプションとして5000枚を収容できるスタッカートレイと500枚の排出トレイを備えた大容量スタッカーを用意。最大9000枚注3 まで排紙容量が拡張できるため、大量ページの連続プリント時に効果を発揮します。

高速走行時も高画質を可能にする定着技術を標準搭載
プロダクション・フラッグシップモデル「Color 1000 Press」に搭載され評価の高いベルトロール定着技術を小型化して標準装備。2本の加熱ロールが定着ベルトをムラなく加熱。これにより、厚紙の高速連続走行においても、定着ベルトの温度変動を抑え、安定した高画質を実現します。また、定着パッドは、各種封筒の安定走行に効果を発揮します。

小型ベルトロール定着器

進化したSIQAが煩雑な調整作業を効率化
進化したSIQA注4 が、用紙の表裏にプリントされた像のズレや面内の濃度ムラの補正、紙種に適したトナー転写電圧の調整にかかる煩雑な作業からお客様を解放します。プリンター本体のスキャナーから専用のチャートをスキャンすることにより、像ズレや濃度ムラの補正、転写電圧を調整する自動演算を実行。これまで目視によって行わなければならなかった補正値の計測や、最適値の絞り込みなどにかかるオペレーターの作業を大幅に短縮し、マシンの稼働率・ドキュメント品質の向上に貢献します。

【転写電圧調整機能とは】
紙種に応じて転写電圧を変更することで、転写しづらい用紙にも、安定した画質で出力できます。この機能を調整する際、特に判断が難しいのが転写電圧の最適値です。進化したSIQAは、スキャンした測定チャート上のベタパッチを自動分析し、各色バランスの良い最適値を自動的に選択。調整作業を簡略化するとともに、さまざまな紙への安定した色再現や、ハンドリングの難しい特殊用紙への出力に効果を発揮します。

注1:非コート紙、A4ヨコ送り、52~220 g/m2。コート紙、A4ヨコ送り、72~220 g/m2

注2:当社J紙。

注3:当社P紙。オプションの大容量スタッカー、フィニッシャーD4連結時。

注4:Simple Image Quality Adjustment







Copyright(c) DENKOSHA CORPORATION All Rights Reserved.